2016秋冬物合同展示商談会を開催

「FOOD LIFE2016〜秋冬物合同展示会〜」佐藤食品、ハタエと合同開催

佐々木冷菓(本社:長崎県北松浦郡佐々町、佐々木繁社長)は7月6日と7日の2日間にわたり、福岡市博多区のマリンメッセ福岡において「FOOD LIFE2016〜秋冬物合同展示会〜」を開催した。
今回も、和洋日配商品を幅広く取り扱う食品卸売業の佐藤食品、食品包装資材の企画・提案を行うハタエとの合同展示会として開催。食品関係は和洋日配商品、塩干商品、デリカ、冷凍食品、アイスクリームをはじめ、九州各県の名産品に至るまで展示。取引先メーカーが新商品及び主力商品を中心に展示ブースを出展し、2日間で約1千人が来場した。
 また今回、展示会場中央に「くまもと食べて復興応援プロジェクト」と題した熊本の食品関係企業を集めたブースを設置。震災から復興を目指す熊本を応援するブース展示で会場を盛り上げた。
 佐々木冷菓関係は本州及び九州全土から2日間で約150名の取引先関係者が来場し、メーカー担当者から商品説明を熱心に聞き試食する姿が見られた。

「リテールサポート推進室から売場作り売り方を提案」
 アイスクリームの今期販売情勢は上半期(12月〜5月)好調に推移している。6月も好調を維持。新規取引先の開拓が進んだことと、既存店での売上アップが貢献している。
「リテールサポート推進室」からの販促企画を取引先の店頭に反映し、活性化と拡売に繋げられたことが大きく寄与。昨夏は8〜9月に苦戦したが、今年は期待できると思っている。 売り場に新鮮味を持たせるような工夫を独自展開。新商品やキャンペーンの告知を店頭でしっかり行い、消費者への商品の理解度を深めていくことで活性化と拡売に繋げた。今後も店頭でのフェアの実施等をタイムリーに行い、お得意先様の売上のアップと利益の確保を進めていきたい。

〜〜アイスクリーム流通新聞社より〜〜









  秋冬企画例
  
  アイスクリームを無料配布しました  
 6月14日、熊本地震対応の為延期となっておりました毎年恒例の
 アイスクリームの無料配布を行いました。

 当日は 天候にも恵まれ 大勢の方がおみえになり、約5,000個の
 アイスクリーム配布をしました

 当社のマスコットキャラクター ゲンちゃん アイちゃんも登場して会場を
 盛り上げました
  
 2016年のお知らせ

  長崎県北松浦郡佐々町および近郊の方へお知らせ  
  5月9日のアイスクリームの日
  アイスクリーム無料配布イベントを延期しておりましたが開催日が

  
決定しましたのでご案内します。
  無料配布を  
6月14日 午前10時より行います。
  (整理券を午前9時40分からお配りします)

 
詳しくはこちらをご覧ください
 


2016春夏物合同展示商談会を開催

FOOD LIFE2016〜お客様と、未来に繋ぐ。」佐藤食品と合同開催

佐々木冷菓(本社:長崎県北松浦郡佐々町、佐々木繁社長)は2月17日と18日の2日間、福岡市博多区の福岡国際センターおいて佐藤食品と合同で2016合同展示会「FOOD LIFE2016〜お客様と、未来に繋ぐ。〜」を開催した。

『お客様と、未来を繋ぐ。』をテーマに、今回も和洋日配商品を幅広く取り扱う食品卸売業の佐藤食品(佐藤政治社長)との合同展示会として開催。和洋日配商品、塩干商品、デリカ、冷凍食品、アイスクリーム等を展示。 取引先メーカーが新商品及び主力商品を中心に展示ブースを出展した。
 また、北海道の特色ある商品を集めた「北海道フェア」、宮崎県をピックアップした「日本のひなた宮崎県」、地域の特色ある商品を並べた「地域掘り起しコーナー」のブースを展開するなど様々な工夫が施された。
 また、宮崎県のシンボルキャラクター「むぅ」、佐々木冷菓のキャラクター「ゲンちゃん」が登場し会場を大いに盛り上げた。展示会は2日間で約1千人が来場した。 佐々木冷菓関係は本州及び九州全土から2日間で約150名の取引先関係者が来場し、メーカー担当者から商品説明を熱心に聞き試食する姿が見られ、メーカーブースは終始賑わいを見せた。
 佐々木冷菓への出展メーカーはアイスクリーム関係が江崎グリコ、ロッテアイス、明治、森永乳業、森永製菓、ハーゲンダッツジャパン、赤城乳業、井村屋、オハヨー乳業、クラシエフーズ、林一二センタン、丸永製菓、竹下製菓、名糖産業、オランダフーズ、日豊食品、セイカ食品の合計17社が展示。
冷凍食品関係が日本水産、ニチレイフーズ、味の素冷凍食品、日清フーズ、日清食品冷凍、マルハニチロ、イートアンド、ケイエス冷凍食品、ハインツ日本、日本製粉、テーブルマーク、八ちゃん堂、日本ハムデリニューズ、九州コクボ、ヤヨイサンフーズ、国分グループ本社、ノースイ、火乃国商事の合計18社が展示した。

〜〜アイスクリーム流通新聞社より〜〜
会場ではブースコンテストが行われ 1位 江崎グリコ(株)、2位 丸永製菓(株)となりました。





江崎グリコ



  丸永製菓
  

2016賀詞交歓会を開催

 佐々木冷菓(長崎県北松浦郡、佐々木繁社長)は1月12日、長崎県佐世保市のサンパーク吉井において2016年新年賀詞交歓会を開催した。出席者は取引先関係など約120名。  はじめに佐々木繁社長が「近年は社会も経済も日々変化し、流通業界も競争の激化が進んできた。今年のNHK大河ドラマは真田丸。戦国の時代を生きた武将・真田幸村を題材にした物語です。 真田幸村は関ヶ原の合戦で敗者となって和歌山に15年配流された。敗者であるが人の心に残る人物で、大坂冬の陣・夏の陣ではこれまでの経験や能力を活かし最後まで戦った。 私共も九州の一卸店ですが、知恵を絞ってこの激動の時代を生き残っていきたいと思っている。今後も社員とともに一生懸命頑張っていくので、皆様方のご理解ご協力を賜りたく宜しくお願いします」と年頭の挨拶を力強く行った。 続いて佐々木裕二専務が「昨年度(11月決算)の総売上高は190億円、前年比108・2%、利益もアップし増収増益の決算であった。アイスクリームは前年比109・1%、冷凍食品は同107・5%であった」と、業績報告を行った。  なお同日、サンパーク吉井において社員向けの2016年春夏新商品説明会が開催された。説明会ではメーカーが新商品を中心にブースに陳列し、同社社員が試食を交えながら売上げアップに繋げるためのトークセッションが繰広げられた。また、  地元住民や得意先担当者をモニターとして招き、消費者の視点からの意見をアンケートに記入してもらうなど盛況であった。

〜〜アイスクリーム流通新聞社より〜〜
  

2016春夏新商品社員向け展示説明会を開催

「2016年1月12日 佐世保市のサンパーク吉井にて、社員向けのアイスクリームと冷凍食品の春夏新商品商品展示説明会を行いました。
また、説明会には近隣の一般消費者様を約100名モニターとしてご招待し、春夏向けの新商品に対しての消費者目線での貴重なご意見をお聞きし、アンケートでは各モニター様の“推しアイス・冷凍食品”を選んで頂きました。

モニター様が選んだ“推しアイス・冷凍食品”結果

アイス部門

1位 井村屋(株)やわもちアイスわらびもち
2位 ハーゲンダッツジャパン(株)  ミニカップローズヒップ&ラズベリー
3位 江崎グリコ(株) デリチェ(濃厚ベイクドチーズケーキ&レアチーズケーキ)    

冷凍食品部門

1位 テーブルマーク(株) 和のごはん生姜のきいた鰹めし
2位 日清食品(株) 日清中華汁なし坦々麺大盛り
2位 日本ハムデリニューズ(株) 肉餃子
4位はマルハニチロ(株)のれんこんひき肉揚




  



  
 2015年のお知らせはこちら>>
 2014年のお知らせはこちら>>
 2013年のお知らせはこちら>>
 2012年のお知らせはこちら>>
 2011年以前のお知らせはこちら>>
 
Copyright (C) Sasaki Reika Corporation. All Rights Reserved.

oshirase2014.htmlへのリンク

oshirase2015.htmlへのリンク